設計事務所の仕事紹介

リブ建築設計事務所ではどんな仕事をしてるかをご紹介いたします。

利点1.

最適な工法・使用を条件に合わせて選択します。

ハウスメーカーと一番異なるには、工法や仕様を条件に合わせて選択するということです。

Mクリニックの場合

1Fがクリニック、2Fが住宅でしたので遮音性を高めるため、2Fの床は コンクリート製としました。コストの制約から、建物全体としては鉄骨造としました。

Mクリニックイメージ

T整形外科の場合

全面道路が大型車両の通行量の多い道路でしたので、振動を抑えるため、 鉄筋コンクリート構造としました。

T整形外科イメージ

U邸の場合

U邸では「とにかくメンテナンスが楽に」という要望でしたので、例えば巾木 (床と壁の境にある部材)の出っ張りをなくして、埃のたまらない納まりとしました。

ご要望の解決例

U邸イメージ

利点2.

工務店を選定します。

まずどの工務店が工事をしても同じ仕様の建物が出来上がるように図面を書きます。 その図面を基に何社かの工務店による競争見積をすることによりコストを抑えます。 見積書をチェックし、必要に応じて施主も交えて面接を行い、信頼できる工務店を 選定します。

利点3.

工務店と施主の橋渡しをします。

施主の代理人として、工務店との交渉に当たります。

例えば....

  • 工事現場をチェックすることにより、設計図通りの施工ができているかを監理します。
  • 施主が現場で設計変更を希望する場合は変更内容について見積確認の上、必要な指示をします。

弱点1.

じゃまくさがりの方には不向きです。

こちらで設定した仕様やデザインを施主が理解していただけるように説明いたします。 了解を得られなければ考え直して改めて説明いたします。ということを繰り返します ので、一回の打合せに半日かかることも珍しくありません。この過程を踏むことによ り施主もこれから建てようとする建築の理解が深まるのですが、これをわずらわしく 思う人には不向きだと思います。

弱点2.

最終的な工事費を算出するのは工務店の役割となります。

施主の希望予算を目安として、仕様を決めていきますが、工事費の見積を出すのは、 あくまで工務店ですので、見積が予算オーバーすれば、仕様を変更することにより 調整します。 これにより、予算目いっぱいの中身となるのですが、当初の希望が実現できない項目 も出てくることもあります。

以上の点を理解していただいて、依頼するかどうかを決めてください。

ページトップへ

  • 設計事務所の仕事紹介
  • 今までの建築作品
  • 家ができるまでの道のり
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 建築あれこれコラム