会社案内

「Rib」の意味

  1. 想像力 = Imagination
    発想力・構想力・アイデア・設計の結果を思い描ける力
  2. バランス感覚 = sence of Balance
    機能性とデザイン性のバランス・コスト配分のバランス・周辺との調和
  3. 表現力 = Represenntation

考えを具体化する力・物に魅力を与える力・素材を生かす力の3つの要素が 「良い建築」の必要十分な条件だと考えています。

リブの意味イメージ

会社の概要

商  号
有限会社リブ建築設計事務所
住  所
〒540-0037 大阪市中央区内平野町1-3-1村上ビル4F
TEL
06-6946-2511
FAX
06-6946-0231
会社設立
1995年11月
主 宰 者
山本一晃(Kazuaki Yamamoto)
取引銀行
三井住友銀行天満橋支店
資 本 金
300万円
アクセス
アクセスMAP
GoogleMap

主宰者の経歴

1960年
岸和田市上白原町生まれ
1973年
岸和田市立東葛城小学校卒業
1979年
大阪星光学院中学・高等学校卒業
1983年
京都大学工学部建築系学科卒業
1985年
京都大学大学院工学研究科(巽研究室)修了
1985年
株式会社 遠藤剛生建築設計事務所入社
1995年
有限会社 リブ建築設計事務所設立

設計コンセプト

「設計のスタイル」についてこう考えます

デザインの嗜好性について事務所のスタイルはありません。 むしろ持つべきではないと考えています。 設計の面白さは施主の思いをどう実現するかを考えることにより、 まだ見ぬ「建築」を創造することにあります。 デザインはあくまでそのための手段です。施主の考えやその他の 設計条件によって様々な手法を選択することにより新しい自分が 発見でき、結果的に色々な設計ができれば、こちらも楽しめます。 土の手触りを生かした建築も魅力的ですし、無機的なガラス張りの 建築がふさわしい場合もあります。 とにかく設計図ができたときに「早く建ったところを見たいね」と 施主が思える設計をすることが目標です。

「プロ」の仕事を目指します

とにかく美辞麗句をならべたてて内容がともなわないということだけはしたく ありません。一般の方の目線で見て「プロ」の仕事をしたいと思っています。 たとえば建物が完成したときに施主に渡す図面(竣工図)は一番大事な図面だと 考えています。メンテナンス上必要な内容を追記・修正した図面を最後にお渡 ししています。建築雑誌に発表するのが仕事の目的ではないので「作品性」の 追求は必要以上にはしていません。物件ごとのバランスを設定し、施主にとって、 この建物にとってベストと思われる回答を探します。 その結果は「作品紹介」をご覧ください。

ページトップへ

  • 設計事務所の仕事紹介
  • 今までの建築作品
  • 家ができるまでの道のり
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 建築あれこれコラム